目的は『個別最適化』された学び

これからの教育環境に必要なのは、システムを導入する事ではなく、
いかに、生徒1人ひとりに個別最適化された学習環境を提供するかだと思います。

今、オンライン授業をとりまく話題の大半が『Zoomを使って授業を始めました』
『学習管理システムを導入しました』というようなもので、
デジタルツールに意識を奪われすぎているような気がします。

学校オンライン化の目的は何でしょうか?
単に、新型コロナウイルスで学校に行けないから、その間だけオンラインで通信をして授業を続けようというのは
ちょっと発想が貧しいと思いませんか?

今世界中で巻き起こっているEdTech革命『教育IT革命』は、ただデジタルツールを導入しましょうというものでしょうか?
決してそうではありません。

目的は一人一人にカスタマイズされた学びの環境、つまり『個別最適化』です。

場所や時間や、それぞれが抱える固有の障壁を踏まえつつ、その生徒が必要としている学びを可能にする。

例え先生と生徒が地球の裏側で離れていても、持っている環境が違っても、
学びたい意思と、教えたい意思をつなげるために、どのようにデジタルテクノロジーを活用するか?

それが問題です。

個別最適化の実現には、教師と生徒双方に『自由』が必要

僕はオンライン教育の専門家や評論家ではありません。
あくまで、自分自身がこれまでのキャリアの中で、自分が必要なものはインターネットを使って世界中から学び、
自分の身の回りで、自分の持っているスキルやツールで問題を解決できるという人に、その方法を
オンライン・オフラインで教えてきた経験があるだけです。

その上で、極めて現場より実践的な観点から、僕にとっての個別最適化について少しだけ深堀してみようとと思います。

デバイスに依存しない

これは教える側、学ぶ側双方に言える事です。
高性能なパソコンや、その他通信機器がなくても、学びが成立する。

極端な話、先生が自宅でノートパソコンだけ、生徒も自宅でスマホだけでも、生徒が必要な学びにアクセスできる事が必要です。
撮影機材や、専用のパソコンがないと成立しないようなオンライン教育は一部の業者を肥えさせるだけです。

システムに依存しない

どこかのシステム会社が開発した特殊なシステムを使わないと、授業が立ち行かなくなるようではいけません。
本来、どんな場所でも紙とペンがあれば学ぶことは可能です。

では、オンライン教育における『紙とペン』とは何でしょうか?

①無料で使えるコミュニケーションツ―ル

②無料で使えるLMS(学習管理システム)

③無料で使えるコンテンツ制作ツール

この3つです。
僕はこれらを『市民のためのデジタルツール』と呼んでいます。

特定の企業が開発した高価なシステムを使わないと、学びが成立しないというのは、
他人に生殺与奪の権を握らせているのと同じです。

分かりやすい例は、オフィスソフトです。
2020年の今日、オフィスソフトにお金を払えないから文書作成やプレゼンテーションができない人はいません。

マイクロソフトにお金を支払うのが嫌なら、Googleドキュメントを使えばいいのです。

WEBサイトの制作だって同じです。

どこかのシステム会社の開発した独自システムにお金を支払うのが嫌なら、Google SiteやWordpressを学べばいいのです。

これと同じで、オンライン教育革命が英語圏で急激に進化している背景には、民主的なデジタルツールの普及があります。

世界中を見渡せば、日本国内では数百万するような高額なシステムを、
海外では無料もしくは、個人レベルの教師・講師・コーチたちにも無理のない、数千円レベルの予算で使うことができます。

そして、これらの世界標準のツールには必ず代替品が存在します。

世の中に『家』や『自動車』そして『パソコン』をつくるメーカーが一社でないのと同じで、
多くの人に必要とされているツールには、必ずいくつかの開発企業が存在し、その多くは、
正しいマーケティング戦略を採用しています。

『フリー戦略』です。

まず、無料版を用意してユーザーに価値を納得してもらってからお金を払う方式です。
そして、この無料版は教育などの非営利(塾ビジネスなどを除く)の分野と相性が良く、
お金儲けを前提としない限り、限りなく無償で使い続けられます。

STAY&CONNECTをつくるために使ったのはすべて無料ツール

僕が、2020年の緊急事態宣言発令中のステイホーム週間に、STAY&CONNECTオンラインクラスをつくった時、
実際に使ったのは、壊れかけのノートパソコンと、全て無料のデジタルツールです。

告知用のWEBサイト

使ったのはレンタルサーバーの月々数百円のみ。
WordPressをインストールして、いくつかの基本的なプラグインを使って動画やスライドを公開しました。
僕が使ったもの以外にも多くのツールが無料で使えます。

Google Site

WIX

SQUARE SPACE

動画、スライドをはじめマインドマップやeBookなどのデジタル教材

僕が最初につくった授業コンテンツのメインは動画でしたが、編集も録画も無料版の存在するツールばかり。

Loom

Loomはブラウザで起動する動画キャプチャアプリです。

Bandicam

同じく、無料版の存在するデスクトップ版の画面キャプチャソフト

Microsoft フォト

Windowsに最初から入っているフォトビューワーですが、動画の簡単な編集が可能です。

Canva

CanvaはプレゼンテーションからYoutubeのサムネイルまで、ほぼあらゆるグラフィック素材を簡単に作れるウェブアプリです。

生徒用の個別アカウントを発行してカリキュラムをカスタマイズできる学習プラットフォーム

Thinkific

ThinkificはUdemyのような学習者用アカウントとダッシュボードを独自に構築できるWEBツールで、
無料版では3つのカリキュラムまでつくれます。

Teachable
海外では、Thinkific、Kajabiとならんでメジャーなツールです。基本的に出来る事はあとの二つと同じです。

Kajabi

Udemy

いわずと知れた世界最大のオンライン学習プラットフォームです。
日本国内では、ベネッセと提携し展開しています。

ライブ授業および非同期型のコミュニケーションツール

基本は‘WebexとThinkificのディスカッション機能、あとはLINEです。

リアルタイムの対面コミュニケーションはWebexもしくはZoomで問題ないでしょう。
そのほかに、Hangout、Google Meetを使うこともできます。

非同期のコミュニケーションにLINEはとても便利です。
多くの人が使っているし、教師側としてはパソコンにデスクトップ版をインストールすれば長文のタイピングもストレスになりません。

時間の制約を受けない

時間の制約を受けない事は、オンライン学習環境の大きなメリットです。

もしあなたが、リアルタイムの授業が増えて疲弊しているなら、あなたが一方的にしゃべっている授業の部分は
すべて動画コンテンツにして、LMSの生徒用ダッシュボードから視聴できるようにしておくべきです。
まずはYouTubeでも構いません。

生徒に一般的な知識をインプットするのは、バーチャルな分身に任せましょう。

場所の制約を受けない

ネットにつながっていないと学べないというのも問題です。

動画や教材をダウンロード可能にして、Wi-Fiのつながっていない場所で勉強の続きを行えるように配慮しましょう。

これは、ノマドワーカーの発想と同じです。

ネットにつながっていないときには、コーディングやメール、ブログ記事の下書きを行い、
ネット環境につながれば一斉にアップロードする。

生徒が、将来役に立つスキルを身につけるチャンスです。

個人活動で無理なく支払える以上のコストを必要としない。

個別最適化にとって必要なのは、学校の先生と生徒だけの問題ではありません。

オンライン教育革命の下、すべての人が、教育者になる事ができます。
学校の先生が得意な分野、近所の発明家のおじさんが得意な分野、近所の中小企業社長が得意な分野
近所の塾の先生が得意な分野、そんな中から、子供たちが、自分に必要だと思える学びを選び取れるには、
大企業や自治体など資金に余裕のある教育機関だけでなく、子供たちに教えたいという意思のある人たちが、
教育を提供できることが必要です。

まとめ

①今僕たちが考えるべきは、それぞれの生徒にとって個別最適化された学びの環境である。
②そのために、教える意思のあるものと学ぶ意思のあるものにとっての『自由』が必要である。
③その自由の実現には以下の依存・制約からの脱却が必要である。
 デバイス依存
 システム(ソフトウェア)依存
 時間の制約
 場所の制約
 コストの制約
④これらの自由を実現するためのツールは世界中に存在する
 (具体的には記事中で紹介)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です